タグ:ほたる
ホームPage 1 / 11

蛍ホタル幼虫の餌「淡水巻貝」食いの良さを比較実験|タニシ・カワニナ・サカマキガイ

 

ホタルを自分で育ててみようと挑戦中の私。

 

現在3匹の蛍(ホタル)が幼虫から蛹になって羽化して綺麗な光の点滅をしています。

目の前で見るとヘイケボタルでも相当の光量で光輝いて驚いてしまいます。

けれども幼虫の育成の差があり同時には羽化していません。

入手した幼虫の半分ほどは残念ながら死滅してしまったように思います。

 

手に入れた幼虫は1cmほどでしたが2cmほどに大きく育っています。

今までにヘイケボタルの幼虫に与えた餌はカニカマを筆頭にタニシ・カワニナ・サカマキガイなど。

 

基本の餌は生エサの生きた淡水貝のカワニナということでしたが色々と試行錯誤して与えた中での生餌の淡水貝を与えた状況などを報告します。

 

淡水貝のホタルの幼虫の食いつきを最後にランキングにしてみましたのでご覧ください。

 

ホタルの生餌としての「タニシ」

 

ホタルの生餌としての「タニシ」

 

田圃の畔の水路で繁殖しているタニシを網で掬ってきて与えてみました。

 

タニシとは

漢字で田螺。田圃にいる巻貝という意味。

何でも食べる貝で日本でも昔から食用とされてきた(※寄生虫がいるので過熱して調理)水槽の掃除屋ともいわれて汚れた水でも綺麗にしてくれることでも有名

 

結構大きくて活動も早くカワニナの2倍ほど

 

丸い巻貝で素早くて蓋もぴっちり閉まるようです。

少しホタルの幼虫が少しまとわりつきましたがホタルの幼虫よりも動きが速く振り払われる感じでした。

 

翌日もずっと平気でホタルの幼虫の飼育箱で何日も生きていたので餌としては不適合として飼育箱から撤去しました。

 

【結論】

  • ヘイケボタルの餌には不適応
  • 大きすぎる
  • 蓋が完全に閉まる
  • 動きが早い

 

 

ホタルの生餌としての「カワニナ」

ホタルの生餌としての「カワニナ」

 

近所の水路の底にへばりついているカワニナ採取。

 

カワニナとは

カワニナ科に分類される巻貝。漢字では川蜷。「蜷(にな)」とは、巻貝のことを表す言葉なので川に住んでいる巻貝なので「かわにな」と呼ばれている。東アジアの淡水に棲む細長い巻貝でホタル幼虫の餌としてよく知られている。鉄分の付着により貝殻は黒っぽく見える。落ち葉などの有機物を餌としている。

 

 

を投入したらホタルの幼虫が集まってきました。貝殻にまとわりついてカワニナが貝殻を左右に大きく振る動作が特徴的でした。

 

何かカワニナから分泌される臭いなどに反応しているのかわかりませんがタニシなどとは明らかに違ってカワニナに向かう動作が伺えます。

 

翌日には2匹の幼虫が頭を突っ込んで鰓を逆立ててカワニナを食べていました。

但しカワニナを食べているのは大きめの幼虫で小さめの幼虫は食べることはしませんでした。

 

【結論】

  • ヘイケボタルにの餌はカワニナは合う
  • 大きめの幼虫には適合している
  • 出来るだけ小さめのカワニナが良い

 

 

 

ホタルの生餌としての「サカマキガイ」

 

ホタルの生餌としての「サカマキガイ」

 

ネットでヤフオクで買ったサカマキガイ。

 

サカマキガイとは

サカマキガイ科に分類される淡水産の巻貝。他の巻貝とは逆の左巻きであることから坂巻貝と呼ばれている。原産は北米で外来種。汚いところでも生息している。ヘイケボタルの餌や理科の実験材料などにも利用されるが熱帯魚の水槽で繁殖してバクテリアを捕食するので嫌われ者でもある

 

小さい貝ですが蓋が無い?ためにホタルの幼虫からしたら食べやすい貝の様で初日から小さめの幼虫も食いついて食べていました。

 

ただ貝の水槽でもやたらサカマキガイだけが糞を大量にするので汚れが酷く水替えが必要でした。なぜあれ程糞をするのかわかりません・・・

 

【結論】

  • サカマキガイは大小のホタルの幼虫にあう
  • 動きが早いので大きめのサカマキガイは上手く捕獲できていない
  • 欠点としては糞を大量にするので水の汚れがある
  • 水上まで這って逃げるので注意が必要

 

 

 

ホタルの生餌としての「幼生タニシ」

 

池からとってきた水草についていたのか、それともタニシを掬った時に幼生として混入していたのかわかりませんが小さいタニシの赤ちゃん貝が発生していていました。

 

それを与えたところ一番食いつきが良かったです。

 

体調は大きくても5mmほどの小さなタニシの貝です。

1貝1匹でくいついて翌日には殻の貝が散乱しているほどです。

 

小さく動きも緩慢なのが良かったのではないかと思いました。

 

【結論】

  • 貝の中で一番食いつきがよかった。
  • 小さい幼貝なので見つける採取は困難

 

 

 

番外編のホタルの餌「カニカマ」

 

ホタルの餌「カニカマ」

 

別の記事でも書きましたがカニカマの食いつきが良かったのが意外でした。
ただ安物の100円以下のカニカマはよくありません。

 

【結論】

  • 高めのカニカマ(※蟹エキスが含まれるもの)
  • カニカマは翌日には水が汚れるので毎日の水替えが必要

 

 

ホタル幼虫の餌のランキング

 

 

(カニカマ)>タニシ幼貝>サカマキガイ>カワニナ

 

 

※大きいタニシは一切食べませんでしたの除外しています。

という結果になりました。

今回色々な餌を与えて感じたことは

 

餌は小さめの貝がよいということ

 

カワニナもできるだけ小さめの貝の方が食いつきがよかったです。

 

特に蓋が無いサカマキガイや蓋が弱いタニシの赤ちゃん貝はよかったです。

ただ見るからに一番食いつきが良かったのはカニカマでした。(笑)

 

多分もしかしたら購入した販売店でホタルの幼虫を育成している時の餌がカニカマだったからかもしれません。

 

これからホタルの幼虫を育てる人は近くでカワニナがうるような水路があれば出来るだけ小さめのカワニナを摂るかまたは水草などをとって小さめのタニシの採取することをお勧めします。

 

私は100円ショップの虫かごを買ってきて、その中にペットショップで買ったメダカ水道水水草酸素タブレットを入れてホタルの幼虫の飼育箱に3匹ほど貝を入れて、食べるごとに殻の貝を回収して新しい生きた貝を入れ替えしていました。

 

貝はメダカの食べ残しの餌を食べているようでした。

 

【関連記事】

 

 

カテゴリー
タグ

 

子供のころは何気ない近所の小川や田んぼで蛍は飛翔していましたが昭和後期から平成そして令和になって近所で蛍は見れることは少なくなりました。

 

毎年ホタルの時期になると近郊の蛍が見れる場所にいって鑑賞してきました。
そんな中一度蛍を育ててみたいと思い数年がたってしまいました。

 

蛍を購入できるサイトは多数存在していて1尾400円ほどで購入できるということも知っておりましたが、なかなか行動に移せずに更に数年たってしまいました。

 

最近になって年も取りやりたいと思ったことは直ぐにでもやろうと思い蛍飼育に挑戦始めましたので忘れないためにも備忘録として残すことにしました。

 

一応ざっと自分が蛍個人飼育で行った形跡を残していきます。

 

蛍(ホタル)の幼虫の個人購入

 

 

ゲンジボタル 幼虫 10尾 4000円

1尾400円ほど

蛍は色々なサイトでホタル幼虫の販売しています。

 

よくよく調べてみるとゲンジボタルよりヘイケボタルの方が環境にも強く餌の供給も飼育も簡単だということでヘイケボタルを購入することにしました。

 

購入先に選んだのは「ヤフオク

 

ヤフオクで「ホタル幼虫」で検索した中で平家ボタル幼虫10匹で4000円ほどのものを購入しました。

 

説明書も添付してくださり、困ったことなどは取引欄で相談したりできたので良かったです。

 

他の販売店でも同じようだと思います。

 

価格も幼虫1尾400円程度でどこも同じような価格帯です。

 

蛍(ホタル)の飼育セットの個人購入

 

色々なサイトや販売者の方に聞いて主にホームセンターやダイソーなどの100円ショップで揃えました。

 

    • ホタル幼虫の飼育箱
    • 生餌の貝カワニナ飼育用の籠
    • ミズゴケ
    • 赤土
    • スプーン
    • 割りばし
    • スポイト
    • 酸素タブレット
    • 汚れの吸着用の石(セラミック-ホール)

 

ホタルの飼育箱

 

 

飼育用と陸上用の3つを購入

 

  • ショップのキッチンコーナーでタッパーを購入

飼育用は水が汚れたら交換するため2つと陸上用の大きめの2Lほどのタッパー

 

餌の飼育用の水槽

 

餌にする生餌である淡水貝の水槽は100均の子供の虫かごを利用しました。

 

その他備品

ホタルの幼虫の水の入れ替え用で筆やスプーンや割りばしも100均で揃えました。

 

※ピンセットとスポイトは使いずらいのと幼虫を傷つけてしまいそうなのでやめました。

 

 

陸上用の用具

赤土とミズゴケや霧吹きも100円ショップで揃えれました。

 

その他

  • 酸素タブレット  6個500円ほど 1個で1か月酸素補給できる
  • セラミックフール 20個300円ほど

 

 

酸素補給として酸素タブレットなるものホームセンターで購入しました。

普通であればエアーポンプなど必要なのでしょうが小規模なのでタブレットを使用しています。

 

 

また水の汚れの吸着と隠れ家用にセラミック-ホールなるものを購入しました。汚れを吸着してバクテリアを繁殖して水の浄化ができるものです。

 

丁度に日中のホタルの幼虫の隠れ場所にもなるし、水上からでて肺呼吸できる上陸の場所としても最適でよかったです。

 

蛍(ホタル)飼育の個人での初期準備

水はこだわらなくてそのまま水道水を使用していました。

できたら水道水を1日置いて塩素を抜いたものがいいかとも思います。

 

平家ボタルの幼虫はそのままの水道水でも大丈夫なようでした。
※こしかしたら購入した販売先の飼育環境にもよると思います。

 

最初に水道水をタッパーに水深1cm以下でいれる。

 

そこに石をいれて隠れ場所をつくりました。

 

餌はカワニナ・サカマキガイ・タニシ・カニカマなどを上げます。

 

1度にはカワニナは10匹当たり2個ほど カニカマは数切れで十分です。

 

多めに上げないように様子を見て餌を投与します。

 

日当たりが良くない場所において朝水が汚れていたら交換します。

 

交換する時は
最初に片方のタッパーに水道水を入れます。

 

DSC_0714

ホールについている幼虫や中にいないか確認します。

割りばしでセラミックホールを取り出します。

 

最初に筆を濡らして幼虫をスプーンですくいます。

 

ゆっくりと静かに新しいタッパーに幼虫を移動します。

餌のカワニナやカニカマを入れます。

 

夜はそのままで明かりをつける場合は段ボールなので覆います。

 

蛍(ホタル)の餌の準備

 

都会でなければ近郊の田んぼの水路などにタニシやカワニナは沢山いると思います。
もし手当がつかなければネットでの購入も可能です。

 

蛍(ホタル)の餌カワニナや淡水巻貝の採取・購入

 

近くの水田の水路で採取
ネットで購入

の2通りで入手できます。

 

種類としては

 

  • カワニナ
  • 小さいタニシ
  • サカマキガイ

 

など

私の場合は地方都市に住んでいるために近くに田圃や畑がたくさんありますので出向いたら田圃の畔の水路にタニシやカワニナがうようよ生存してました。

 

100均の網ですぐに掬って何匹も摂ることができました。

ついでに水草も確保できました。

 

ホームセンターでヒメダカも数匹購入してきて100均の虫かごに酸素タブレットとセラミックホールと水草をいれて飼育しています。

 

ヒメダカの餌も100均で100円で購入してきました。

 

近くでカワニナなどを自分で採取出来ない人はヤフオクやホタルを販売しているサイトなどでも購入できます。

 

ちなみに私はサカマキガイという種の淡水巻貝を数百円で購入してみて餌として与えてみました。

 

蓋がないために食いは良いように思いました。

 

後はタニシを採取した水草にタニシの幼貝が沢山ついていたのでそれも与えてみました。

 

蛍(ホタル)の人工餌カニカマの購入

 

 

 

天然の淡水巻貝の入手が困難な人は近所のスーパーでカニカマを買ってくる方法もあります。

食いがいいのはカニのエキスが含まれた高めのカニカマです。

 

高いといっても1パック300円ほどのものです。

1パックあれば1シーズン余裕で持ちます。

 

蛍(ホタル)の上陸用水槽の準備

 

2Lタイプの大きめのタッパーに赤土を入れてハンマーなどで細かくつぶします。

脇に小さめのタッパーをれて縁から2cmほどまで赤土をいれます。

 

たっぷりと水を霧吹きで吹き付けます。

その上にミズゴケを入れて更に霧吹きで湿らします。

 

内側のタッパーに水を張って斜めにプラ板などを縁迄設置して幼虫が登っていけるように設置します。

 

 

まとめ

 

初心者は平家蛍の幼虫からスタートがよいと思います。

 

なぜなら源氏蛍は環境に敏感で餌も生きたカワニナしか食べないといわれているからです。

 

購入はネット経由または近所にホタルの販売店があれば直接出向いて購入されるのがよいと思います。

 

平家ボタルであれば最悪カワニナ等の生餌の貝が手配できなくてもカニカマで代用できて飼育も簡単なのでよいと思います。

 

水は幼虫が食事をすると汚れるのでこまめな交換が必要です。

長期で不在になる場合は餌を与えない状態にしておきます。

 

 

【関連記事】

 

カテゴリー
タグ
  • 生活

蛍(ホタル)幼虫の餌としての「カニカマ」2種類の比較実験の結果

※カニカマを食べてる平家蛍の幼虫

 

ヘイケボタルの餌にカワニナやタニシを投入したにもかかわらず、なかなか手に付けてもらえず困っていたところネットでカニカマも食べるということを知ってスーパーで買ってきたカニカマを食べさせてみました。

 

安めのカニカマと少し高級感があるカニカマの2つを比較してみたら食いつき加減が全然違いました。

 

結論から

 

  • 安いカニカマは反応が良くない
  • 高いカニカマは反応が良い

 

 

でした。

 

淡水の巻貝のカワニナを採取したり飼育する手間がかかないのでカニカマで蛍の幼虫を育てる方がよいかもしれませんね。

 

100円程のカニカマスティック

 

 

 

数本ちぎって入れてみたところ最初のうちは2匹近づいて少し食べていたようです。
夜にみてみたところカニカマには集まっていませんでした。

 

他の高い方のカニカマに集まっているようです。

がその後は集まらず翌朝には殆どが残っていました。

 

300円ほどのズワイガニ入りのカニカマ

 

少し多めに数本ちぎっていれたところ直ぐに反応して数匹集まってきてかぶりついています。

 

夜中に見たら5匹ほどが食していて朝方にはバラバラになってカニカマの原型がとどまっていないほど食べられていました。

 

多分消化液でとかしたからなのか水も汚れていました。

 

まとめ

 

安いカニカマは固い以外にはカニの成分なども含まれていないからかもしれませんが同時においてしまうと安いカニカマは食することはありませんでした。

 

もしこれからヘイケボタルの幼虫を生餌のカワニナなどを使用しないで育てる場合は高い高級?カニカマを用意した方がよいと思います。

 

カニカマが食いつきよかったですが、他の淡水巻貝の食いつきのランキングをつけてみましたのでご紹介します。↓

 

【関連記事】

 

 

カテゴリー
タグ
  • 雑記
ホタル幼虫飼育の餌で1番はカニカマだった驚きの事実

※カニカマを食べているヘイケボタルの幼虫

 

ホタルの季節になり4月にネット経由で比較的飼育しやすいヘイケボタルの幼虫を10匹ほど入手してみて育てることにした。

価格は1匹350円程で運賃入れて4000円ほど

 

「幼虫のみ」購入したので色々試行錯誤で100円ショップで揃えてみた。

※別途ご紹介します。

 

蛍の幼虫の餌は一般に生き餌の淡水のキセル貝の中でカワニナといわれるも。

 

実際にカワニナも含めて色々試した結果なんと・・・カニカマが食いつきが一番だった。

 

色々な餌を試した結果をご紹介します。

まだ羽化はしていません。

 

蛍の幼虫の一般的な餌

 

蛍には平家蛍源氏蛍が存在していてヘイケボタルの方が飼育しやすいとのことです。

 

一般的に自然界にいる蛍の餌となるのは

 

  • カワニナ
  • タニシ
  • サカマキガイ

 

など淡水の巻貝です。

 

特に ゲンジボタルはカワニナしか食べないとされています。

 

一方でヘイケボタルは耐性もあり多少の環境悪化でも生きていてカワニナ以外の淡水巻貝を食酢といわれています。

 

雑食性で何でも食べるといわれていてネットの中で「蛍 カニカマ」で検索に引っかかっのでカニカマもどうやらヘイケボタルの幼虫は食べるらしいと思われた

 

実際にヘイケボタルに試してみた生餌の巻貝

 

ネットでサカマキガイを手配してみましたが時間もかかり蛍の幼虫が弱ってしまっては困ると思い近くの水田の水路にやってきましたら沢山のタニシやらカワニナやらがいたので採取してきました。

 

ついでにスーパーで念のため少し高めのカニカマを買っておきました。

 

タニシ

蛍の餌 タニシ

 

できるだけ小さめのタニシを投入

ただ大きさは幼虫の数倍以上の大きさです。

蛍の幼虫は近づきましないで悠然と移動しています。

 

カワニナ

蛍の餌 カワニナ

 

出来るだけ小さめのカワニナを投入。

ヘイケボタルの幼虫が殻に数匹まとわりついている。
カワニナが嫌がって殻を動かしたり移動したりしている。

が・・・食べるそぶり無し。

 

もしかしたらカワニナの個体が大きすぎて捕獲できないのかもしれません。

 

蛍の幼虫が一番食いつきよい餌が「カニカマ」

蛍の幼虫が一番食いつきよい餌が「カニカマ」

 

スーパーで買ってきたカニカマちぎって数本入れてみる。
最初は変化は無し

 

けれども翌朝みてみると消えていた

食べたようだ。

 

ヘイケボタル幼虫の餌にはカニカマが1番?

 

朝見るとタニシは元気。カワニナも元気。

カニカマだけが無くなっていた。

水の入れ替えも兼ねて再投入してみた。

 

タニシには興味なし
カワニナには一番まとわりつくが大きすぎるのか食事までにはいたらない

高級?カニカマを大振りに切って投入。

少し薄暗くしてみて数分

すると

わさわさとヘイケボタルの幼虫がカニカマに集まりだして数匹が群がって食らいついていました。

ホタル幼虫飼育の餌で1番はカニカマだった驚きの事実

 

驚きです。

 

カワニナを無視してのカニカマ1番です。(笑)

 

臭いに反応しているのか?わかりませんが間違いなくカニカマを捕らえて捕食していました。

 

 

まとめ

※白い輪っかのようなものはバクテリア繁殖で浄化する石

 

 

今回生餌の淡水巻貝を投入して感じたこと

 

  • カワニナに最初は反応した
  • 自分より大きいカワニナには対応できない
  • タニシは対象外?
  • 暗くしないと活動しない
  • カニカマに反応が良くよく食べている。

 

この理由としては

養殖の蛍なのでもしかしたら人工飼料でカニカマのようなものを以前から食べていたのかもしれない。

 

動きもないので捕獲しやすい

 

今後の課題や試行予定は

 

  • カニカマの種類によって反応が違うのか?
  • 幼虫よりも小さいカワニナ・サカマキガイとカニカマとの捕食行動がどちらが強いか?

 

以上を試してみたいと思います。

 

だたカワニナの採取や飼育などの手間を考えれば、水槽もいらない取りに行く時間も必要ないので200円ほどで保管にも優れているカニカマに軍配があがるように思えます。

 

また試行結果を報告します。

 

 

【関連記事】

 

カテゴリー
タグ
ホームPage 1 / 11